3.11 非常食を食べてみた

子育て
スポンサーリンク

 今日は、3.11、東日本大震災から11年経ちました。

今も避難されている方が多く、一日も早い復興をお祈り致します。

コロナで隔離していた息子が、2週間ぶりにピアノを弾いていて、

「花が咲く」を練習していました。

震災を知らない子供たちも、記憶を風化することなく伝えていくことが

大切だと思います。

震災の日には、防災リュックの中身を確認したり、非常食の賞味期限を

確認するようにしているのですが、5年間の賞味期限が随分切れて

いたので、食べてみることにしました。



まず、カップケーキから。


開けてみようとしたら、なかなか空きにくかった・・

ナイフを使い、やっとあきました。これは、いざという時に

スムーズにあかないと困るな・・

中は、カップケーキが逆さまに入ってました。

食べてみると、バター風味はなく、素朴なお味でした。

  

 続きまして、井村屋のえいようかん。

普通においしい。少し甘く感じました。
緊急の時には、甘いものがほっとするかも。

続きまして、おでん缶。

中には、小さめのおでんがゴロゴロ。

かつおのだしがきいたおでんでした。

ふと、思ったのですが、缶がかさばるし、最後ゴミ分別など処理が大変だなぁと思いました。

次は、こういうのにしてみようと思います。
コンパクトで、お水やお湯をを注ぐだけで食べれます。


こちらは、7年と賞味期限が長く、しかもお水なしでも
そのまま食べれるのがよいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

非常食 永谷園 7年保存 フリーズドライご飯 4種20食
価格:10854円(税込、送料無料) (2022/3/11時点)


自分だけなら、しばらく空腹でも我慢できますが、
小さい子供がいるとそういうわけにはいかないので
きちんと用意しようと思います。

皆様もぜひ^^

クリック応援お願いします^^

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村


おうちごはんランキング
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました