交通事故の後遺症①

子育て
スポンサーリンク

 交通事故後、しばらくして突然倒れて入院し、意識不明の重体になりました。

 救急車で運ばれ集中治療室に。このまま目が覚めなければ覚悟してくださいと

言われたそうです。

 集中治療室のことは、ほとんど覚えていませんが、幻覚が見えました。

ないものが見えていたのでスマホでそれを写真撮っても、当然ないものはうつって


いませんでした。

2カ月ほど入院し、結局「原因不明」とされ、まだ若いから、詳しく調べてきて下さい

と言われ大学病院を紹介されました。

MRIは入院合わせて10回以上、血液検査もたくさんしました。


脳波を調べる為の頭に塗るジェルはかなりベタベタでした。

写真がないので、ピアノを弾いてる長男 ご自由に弾いてくださいピアノ



 結果は、「事故のよる外傷性てんかん」でした。


担当の医師は、優秀な方でした。ある日、「時計の絵を描いてください。」と

言われ、書いたら書けていませんでした。

その異変に気付いたドクターは、外部に精密検査を依頼し、二か月後詳しく調べることに。


いくつか、テストを受けました。


そして、分かったのが、「高次脳機能障害」でした。記憶障害があったのです。

日常生活に支障をきたすもので、過去のことは覚えているけれど

新しいことは覚えられない。

疲れるとてんかんの痙攣が起きるよー、と


言われているので、外で働きたくても、週2回2時間まで、と言われています。

そして、このご時世、子供の学校で学級閉鎖にすぐになったりと、ただでさえ、

仕事を続けることが難しくなっているので、やはり手助けしてくれる祖父母が

いる人は心強いと思います。

日常生活では、疲れたなと思ったら、よく手が震えました。身体も重くなります。

交通事故は、むちうちなどよく聞きますが、こうなる人もいるのです。

そして、見た目は全然分からない。

いつまで、この症状が続くか分からないけれど、よくなるといいなぁ。


クリック応援お願いします^^

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村


おうちごはんランキング
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました