鮎のロティ ピストゥ ドゥ ペルシー

魚料理
スポンサーリンク



スーパーで鮎が198円。季節の食材をハーブと合わせて、フランス料理にしました。

ロティとは、オーブンで焼くという意味のフランス語。英語では、ローストと言います。ピストゥはプロヴァンス語でバジル、バジルのソースと言う意味。今回は、ペルシー、パセリのピストゥであわせてます。

スポンサーリンク

栄養説明

鮎には、ビタミンB12、カルシウム、ビタミンAが豊富。またビタミンB1やタウリンも豊富に含まれ、疲労回復や夏バテ防止対策に効果的です。

スポンサーリンク

調理時間と材料

⌛️調理時間 20分

🍽材料 1人分
鮎 1匹
ハーブ お好みで
穂紫蘇 あれば
塩胡椒 少々

ピストゥ ドゥ ペルシー(作りやすい分量)
パセリ 1束
パルメザンチーズ 適量
にんにく 2片
オリーブオイル 適量
松の実 あれば
塩胡椒 少々

スポンサーリンク

作り方

🍳作り方

①鮎は下処理をし、ハーブを詰めて、オーブン200度で10分程度焼く(ロティ)

②ピストゥはすべての材料をあわせ、フードプロセッサーなどで、ペースト状にあわせ、味を調える。

③彩りよく盛り付ける。

→写真の鮎には、クレス、セルフィーユ、穂紫蘇、ミント、みょうがを合わせています。また、付け合わせに、みょうがとラディッシュのグレック(酢漬け)、すだちを添えています。

ポイント



💡鮎は串をうち、ひれや尾には塩とアルミをかぶせ、ロティしています。

クリックお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村


おうちごはんランキング
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました