✨和牛ロースのポワレ 岩塩✨

肉料理
スポンサーリンク

 和牛のA3ロースをポワレにし、岩塩でシンプルに。
ポワレとはフライパンで焼くと言う意味のフランス語。
フライパンにサラダ油を少し引き、丁寧に焼き上げ、アルミホイルに包み休ませて、レアに。

 

スポンサーリンク

栄養説明

 ロースは、牛の骨格筋では最も大きな胸西彫金と言う背中に位置する筋肉部位です。また大きな体を支えるために大きく発達した筋肉で体の内側を守るため皮下脂肪と栄養をため込むための霜降りが入りやすい部位です。また柔らかく肉味香りは穏やかです。

 牛肉には必須アミノ酸がバランスよく含まれ、良質なタンパク源。
またビタミンB6、B12、カリウム、カルシウム、鉄などミネラルも豊富に含まれています。

スポンサーリンク

調理時間と材料

⌛️調理時間 15分

🍽材料 1人分
ポワレ
牛肉 50g程度
サラダ油 大さじ1
塩胡椒 少々
岩塩 少々

ガルニチュール
菜の花 1本
人参 10g
ブロッコリー 10g
バター 適量
塩胡椒 少々

スポンサーリンク

作り方

🍳作り方
ポワレ
①牛肉は常温に戻し、塩胡椒をする。

②フライパンにサラダ油を熱し、牛肉を丁寧に焼き上げる。
アルミホイルに包み休ませる。

ガルニチュール
①野菜は下処理し、塩ゆでする。

②フライパンにバターをひき、野菜を軽く炒め、塩胡椒すり。

仕上げ
①牛肉のポワレを切り分ける。

②器に彩りよく盛り付ける。

→写真は、菜の花、エディブルフラワー、れんこんフリット、芽キャベツ、スナップエンドウを添えています。

ポイント

💡ガルニチュールとは付け合わせのこと。お好みの野菜や旬の野菜を添えて下さい。

💡シンプルイズベスト。レアであるほど脂の甘みを、火が入るにつれて肉の旨味と風味をより強く感じます。

クリック応援お願いします^^

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村


おうちごはんランキング
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました