アランチーニ ア ラ ボロネーゼ

洋食
スポンサーリンク

 アランチーニとは、ライスコロッケのこと。ボロネーゼは、ミートソースのこと。
余った冷やご飯などを有効利用して、ボロネーゼソースとあわせました。

 

スポンサーリンク

栄養説明

 トマト にはリコピンが豊富。抗酸化作用が高く、健康や美容の面からも、さまざまな効能が期待されているのです。
また、リコピンは油に溶けやすい性質のため、油と一緒に食べると体内への吸収率がアップ。トマトとオリーブオイルは相性抜群な組み合わせ。
またトマト加工品の方がリコピンの吸収率も良いです。

 お米には、パワーの源となるでんぷんの他、タンパク質や脂肪、ビタミンB1やビタミンEなどの栄養素が豊富。
成分の7割以上を占めるでんぷんは極めて質が良く、消化・吸収も高く、脳の働きを活性化してくれます。

スポンサーリンク

調理時間と材料

⌛️調理時間 30分

🍽材料 8個分程度

ボロネーゼ
合い挽きミンチ 50g
トマト水煮 200g
玉葱 1/8個
人参 1/10本
にんにく 1片
赤ワイン 20ml
ローリエ あれば
タイム あれば
オリーブオイル 適量
塩胡椒 少々

冷やご飯 240g
パルメザンチーズ 10g
塩胡椒 少々
ミックスチーズ 40g程度

香草パン粉
パン粉 適量
パセリ 適量
パルメザンチーズ 少々

卵 1個
薄力粉 適量
揚げ油 適量

スポンサーリンク

作り方

🍳作り方
ボロネーゼ
①玉葱、人参、にんにくはみじん切りにする。

②鍋にオリーブオイル、にんにくを加えて香りをだす。

③玉葱、人参を加えて、よく炒める。合い挽きミンチを加え、火を通し、赤ワインを加えて、デグラッセ(フライパンについた旨みをとる。)
トマト水煮、ローリエ、タイムを加えて煮込む。

③塩胡椒で味を調える。

香草パン粉
①ハンドブレンダーに、パン粉、パセリ、パルメザンをあわせて、まわす。

仕上げ
①冷やご飯はレンジなどで温め、ボロネーゼ、パルメザンチーズとあわせる。
塩胡椒で味を調える。

②サランラップを使用し、ご飯の中心にミックスチーズをあわせ、団子状に成形する。

③薄力粉→卵→香草パン粉の順に衣付けし、170度の油で揚げる。

→写真は、セルフィーユ、水菜、エディブルフラワー、菊花、穂紫蘇、パルメザンチーズ、オリーブオイル、ボロネーゼソースを添えています。

ポイント

💡香草パン粉の中には、パセリの他、いろいろなハーブをあわせると、味や香り豊かになります。

💡ボロネーゼソースが酸味が残る場合は分量外の砂糖をあわせると、味がまろやかに、なります。

クリックお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村


おうちごはんランキング
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました