生ハムとすだちの冷製カッペリーニ風そうめん

イタリア料理
スポンサーリンク

 レモンの酸味とオリーブオイルのそうめんとの絡み、ブラックペッパーが効いて食欲をそそいでくれます。これから暑くなる夏場にあっさりした冷たいカッペリーニ風そうめんはいかがですか?


 

スポンサーリンク

料理名と栄養説明

カッペリーニとは、髪の毛ほどの細いパスタが由来。カッペリーニではなく、そうめんを使って、冷製パスタに。そうめんと柑橘類、オリーブオイルの相性抜群です!

 すだちには、ビタミンCやミネラルが、また果汁には、クエン酸が豊富。ビタミン類は、抗酸化作用が期待でき、美肌効果や疲労回復に。

 そうめんの原材料は小麦粉と塩と油です。そうめんは麺の長径が「1.3mm未満」で、乾麺をゆがくとおおよそ3倍の量になります。
ちなみに、市販のそうめんは1束50gです。

 そうめん乾麺100gあたりに72.7gの炭水化物が含まれています。そうめんは、いろいろな野菜と組み合わせて、食べると栄養バランスがよくなります。

スポンサーリンク

調理時間と材料

⌛️調理時間 15分

🍽材料 1人分

そうめん(乾麺) 50g
生ハム 3枚
ラディッシュ 1個
すだち 1/2個
ブロッコリースプラウト 少々
穂紫蘇 あれば

すだちドレッシング(作りやすい分量)
すだち 1個
醤油 大さじ1
オリーブオイル 大さじ3
塩 少々
黒胡椒 少々

スポンサーリンク

作り方

①たっぷりのお湯で、そうめんをゆがき、冷水にとり、冷ます。

②野菜やハーブ類は食べやすい大きさに下処理をする。

③すだちドレッシングの材料をボウルにあわせ、味を調える。

④彩りよく盛り付ける。

→写真は、セルフィーユ、ディル、菊花、エディブルフラワー、氷を添えています。

ポイント

point

💡すだちドレッシングの量はお好みでかけて下さい。

💡氷を添えて、清涼感をだしました。ちなみに、写真は、かき氷器で、細かくした氷を添えています。

💡すだちがない場合は、レモンやポッカレモンなどで代用して下さい。またすだちのかわりに柚子でも香りがたち美味しいです。


 
  具材は、冷蔵庫にある食材で色々アレンジできるのでお好きなもので試してみてくださいね。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村
おうちごはんランキング
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました