大豆ミートのラグー トマト風味

フランス料理
スポンサーリンク

 ラグーとはフランス語で煮込み料理のこと。大豆ミートを使って、サスティナブルに配慮した料理に。

スポンサーリンク

栄養説明

 大豆は、『畑の肉』と呼ばれ、大豆が肉に匹敵する量のたんぱく質を含み、必須アミノ酸をバランスよく含み、良質のたんぱく質を多く含みます。
また、総コレステロールを低下させる大豆レシチン、ビフィズス菌を増殖させる作用のあるオリゴ糖、抗酸化作用、またコレステロールなど血中脂質の低下が期待できる大豆サポニン、骨粗しょう症の予防や更年期の不調を改善するといわれるイソフラボンなど多くの機能性物質が含まれています。

 トマト にはリコピンが豊富。抗酸化作用が高く、健康や美容の面からも、さまざまな効能が期待されているのです。
また、リコピンは油に溶けやすい性質のため、油と一緒に食べると体内への吸収率がアップ。トマトとオリーブオイルは相性抜群な組み合わせ。
またトマト煮込みとしてのラグーや、パスタのソースとしても活用できます。

スポンサーリンク

調理時間と材料

⌛️調理時間 40分

🍽材料 2人分(作りやすい分量)

大豆ミート(ブロック) 50g程度
カットトマト水煮 200g
玉葱 50g程度
にんにく 1片
ローリエ 1枚
オリーブオイル 適量
はちみつ 10g程度
塩胡椒 少々
パルメザンチーズ 適量
ベビーリーフ 適量

スポンサーリンク

作り方

🍳作り方

①玉葱、にんにくはみじん切りにしておく。

②鍋にオリーブオイル、にんにくをあわせ、弱火で香りを出す。

③玉葱のみじん切りを炒め、トマト水煮、ローリエをあわせ、弱火でじっくり煮詰める。

④大豆ミートをあわせ、軽く煮込み、塩胡椒、はちみつで味を調える。

⑤器に彩りよく盛り付け、ベビーリーフ、パルメザンチーズを添える。

→写真は、クレス、ディル、フェンネル、セロリ菜、エディブルフラワーを添えています。

ポイント

💡大豆ミートは戻してあるものを使用しています、乾燥の場合は表記にしたがって下さい。
また鶏肉などに代用してもらっても美味しいです。

💡はちみつは、和歌山有田産珊瑚樹はちみつをあわせて、味をまろやかに仕上げています。

クリックお願いします。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村


おうちごはんランキング
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました