フランスミシュラン、スペシャリテ✨北海道伊達市産ミニトマト”アイコ”のデミセック✨

サラダ
スポンサーリンク

 北海道伊達市産ミニトマト、アイコを使用し、フランスミシュラン1つ星でスペシャリテにしていた一つ、デミセック(デミは、半分、セックは乾燥と言う意味のフランス語)を作りました。
 伊達野菜と呼ばれるブランド野菜。この地域で生産されたミニトマト”アイコ”( @farm_and_firm_katamoto )は、山の雪溶け水を使い、美味しく新鮮で安全な野菜。
完熟トマトをオーブンでじっくり火を通し、甘味を最大限に活かして、ドライトマトに。

スポンサーリンク

栄養説明

 トマト にはリコピンが豊富。抗酸化作用が高く、健康や美容の面からも、さまざまな効能が期待されているのです。
また、リコピンは油に溶けやすい性質のため、油と一緒に食べると体内への吸収率がアップ。トマトとオリーブオイルは相性抜群な組み合わせ。

 オリーブオイルには、ビタミンA、D、K、Eが含まれています。
特に老化や動脈硬化を引き起こす原因である過酸化脂質の抑制に有効なビタミンEの含有量が多い。
また必須脂肪酸であるオレイン酸を多く含み、悪玉コレステロールだけを減少させる効果、便通をよくする効果が期待されます。

スポンサーリンク

栄養説明

⌛️調理時間 20分(焼成時間は除く)

🍽材料 2人分
ミニトマト 6個
ローリエ 2枚
タイム 2本
オリーブオイル 大さじ3
コリアンダー粒 適量
フェンネル粒 適量
岩塩 少々
黒胡椒 少々

スポンサーリンク

作り方

🍳作り方
①ミニトマトは、1/4にカットする。

②鉄板に、ミニトマトを並べ、


ローリエ、タイムをちらし、オリーブオイルをかける。岩塩、黒胡椒をまぶす。

③オーブン100℃で1時間程度、じっくりと火を通す。

④ハーブ類を取り除き、器に彩りよく盛り付ける。

→写真は、タイム、パルメザンチーズを盛り付けています。

ポイント

💡オーブン100℃で1時間焼きましたが、理想は、50〜60℃で5時間です。

💡そのまま、アペリティフとして食べても美味しいですし、バケットにのせたり、料理の付け合わせや、パスタにあわせても美味しいです。

💡ミニトマトは、”アイコ”( @farm_and_firm_katamoto )を使用しました。

クリック応援お願いします^^

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村


おうちごはんランキング
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました