赤かぶグレックとりんごのサラダ仕立て

サラダ
スポンサーリンク

グレックとはギリシャ風という意味のフランス語。いわゆるピクルスのことです。赤かぶを生のままピクルスにして、赤いフジりんごとあわせました。

スポンサーリンク

栄養説明

 かぶには、ビタミンCが豊富。美肌やアンチエイジングの効果が期待。また、根の部分に
は、アミラーゼなどの消化酵素が含まれ、消化不良や胃もたれの改善が期待できます。カリウムや食物繊維も豊富に含まれています。

 りんごにはカリウムや食物繊維、ポリフェノールなどが含まれており、健康や美容、ダイエットサポートが期待できます。
また昔から、「1日1個のりんごは医者いらず」との言い伝えがあるほど、健康効果が高い果物です。

スポンサーリンク

調理時間と材料

⌛️調理時間 20分

🍽材料 1人分
りんご 1/4個
赤かぶ 1個
セロリ菜 少々

マリネ液
白ワインビネガー 30ml
グラニュー糖 30g
水 30ml
コリアンダー粒 あれば
鷹の爪 1/3本

スポンサーリンク

作り方

①赤かぶは輪切りにする。りんごは、薄くスライスし、丸めておく。

②鍋にマリネ液をあわせ、火にかけ、グラニュー糖がとけたら火から外し、荒熱をとる。

③マリネ液に、赤かぶを漬け込みしばらくマリネする。
→一晩寝かせると、さらに味が染み込み美味しくなります。

④器に赤かぶ、りんご、セロリ菜を彩りよく盛り付ける。

→写真は、セルフィーユ、エディブルフラワーを盛り付けています。

ポイント

赤かぶがない場合は、白かぶで代用してください。またラディッシュなどで代用しても美 味しいです。

りんごは色変わりしやすいので、時間をおく場合は、分量外のレモン汁につけておいて下さい。

白ワインヴィネガーやグラニュー糖がない場合は、ご家庭にあるお酢や砂糖で代用してください。コリアンダー粒は香り付けなので、なくても大丈夫です。

鷹の爪は、辛さがまちまちなので、量は微調整してください。

豆知識

●グレックは、ギリシャ風という意味で、ピクルスや、酢漬けなどの料理に使われることが多いです。コリアンダーのほかに、ローリエやフヌイユなど、いろいろなハーブととともに漬け込むと美味しいです。

●赤かぶと呼ばれているのもにはたくさんの種類があります。かぶの表面だけが赤いものや、果肉の中心まで赤みがかっているもの、いろいろな品種のものがあります。グレックや浅漬けなどにすると、赤みが鮮やかに映え、触感も美味しく仕上がります。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村



おうちごはんランキング
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました