ズッキーニと生ハムのメリメロサラダ仕立て ソース ラヴィゴット

サラダ
スポンサーリンク


 メリメロとはフランス語で、取り合せ、混ぜ合わせと言う意味。
ズッキーニをいろいろな形状にして、食感に変化をもたらせ生ハムとサラダに。

スポンサーリンク

栄養説明


 ソース ラヴィゴットとは、フランス語で元気が出せると言う意味に由来。油、酢、野菜のみじん切りをあわせた冷製ソースです。

 ズッキーニには、ビタミンCや食物繊維が豊富。またビタミンB2も含まれ、皮膚や粘膜を保つ働きが期待。
カリウムも豊富なので、余分な塩分を排出する働きが期待できます。

 ちなみに、ズッキーニは加熱して食べるイメージが強いですが、生食も可能です。

 ラディッシュは二十日大根とも呼ばれて大根の仲間。

 アミラーゼが豊富に含まれ、でんぷんを糖に分解、吸収を助ける働きが期待できます。またアントシアニンが豊富で抗酸化作用が期待できます。

スポンサーリンク

調理時間と材料

⌛️調理時間 10分

🍽材料 1人分
緑ズッキーニ 1/3本
黄ズッキーニ 1/3本
生ハム 3枚
ラディッシュ 1個
セルフィーユ 少々

ソース ラヴィゴット
オリーブオイル 10g
白ワインヴィネガー 3g
ミニトマト 1個
ピクルス 1/2本
黒オリーブ 1個
玉ねぎ 2g
人参 2g
オリーブスパイス 適量
塩胡椒 少々

スポンサーリンク

作り方



①ズッキーニは、いろいろな飾り切りにして、生の状態や塩ゆでにする。
ラディッシュはスライスにする。

②ラヴィゴットソースを作る。
ミニトマト、玉ねぎ、人参、ピクルス、オリーブはみじん切りにする。
ボウルにすべての材料をあわせ、オリーブスパイス、塩胡椒で味を調える。

③器にズッキーニ、ラディッシュ、生ハム、セルフィーユとともに彩りよく盛り付け、お好みで、ソースラヴィゴットをかける。

→写真は、ディル、クレス、ブロッコリースプラウト、ベビーリーフ、パルメザンチーズ添えています。

ポイント


💡ズッキーニは、ピーラーで薄くむいて、りぼん状や薔薇状にしています。

💡ズッキーニは、お好みの形状にし、塩ゆでや生にすると、いろいろな食感で美味しいです。

豆知識

ズッキーニは英語ではズッキーニ。フランス語では、クルジェット(courgete)と言います。果実の外見はキュウリに似ていますが、かぼちゃの仲間だと言われています。

ズッキーニには春先に黄色い花が咲いて、ズッキーニの花をファルス(詰め物)にしたり、てんぷらにして食べると非常に美味しいです。

●生ハムとは塩漬けした豚肉を熟成して作られたもので、薄切りにして食べられるのが一般的です。シンプルにワインにとともに、またオードブルやサラダとして幅広く使用されています。今回の生ハムはプロシュートという種類のものを使用しました。

にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村



おうちごはんランキング

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました