カリフラワーのポタージュ

スープ
スポンサーリンク

 Instagramで人気のあったポタージュです。カリフラワー、ブロッコリーは食べれますが味があまりないので私は苦手ですが、ポタージュだと他にじゃがいもやブイヨンが入っているので、すごく飲みやすかったです!お皿もスープ皿にすることで盛り付けをアレンジ出来たり、トッピングも色々出来ます。

スポンサーリンク

栄養説明

カリフラワーを簡単ポタージュ仕立てに仕上げました。


カリフラワーは、地中海東部沿岸が原産地といわれるキャベツの仲間。
ビタミンCが豊富で、抗酸化作用、アンチエイジングが、期待できます。またビタミンB6、葉酸なども豊富です。


スポンサーリンク

調理時間と材料


調理時間 25分

材料 4人分(作りやすい分量) 

カリフラワー 1/3株(150g程度)
玉ねぎ 1/8個
じゃがいも  1個(100g程度)
ブイヨン 600ml程度
牛乳 75ml程度
生クリーム 75ml程度
ローリエ あれば
バター 10g
塩胡椒 少々

スポンサーリンク

作り方




①カリフラワーは一口大に切り、玉ねぎ、じゃがいも はスライスしておく。

②鍋にバターをひき、①を炒め、ブイヨンとローリエを加えてじっくり煮込む。

③ミキサーにかけ、裏漉しをする。
→裏漉しをすると口当たりがなめらかになります。裏漉しはお好みで行って下さい。

④再び、鍋に加えて生クリームと牛乳を加えて、塩胡椒で味を調える。

⑤彩りよく盛り付ける。

→写真は、エディブルフラワー、パルメザンチーズ、ベビーリーフ、ラディッシュ、セロリ菜、ブロッコリースプラウトを添えています。

ポイント

ポタージュの生クリームと牛乳の量はお好みで、分量をかえてください。生クリームがない場合は、牛乳だけでも代用できます。

ポタージュは、作り方③のピューレ状にした状態で、冷凍保存が可能です。
冷凍した場合は、解凍後、温めて、生クリームと牛乳をあわせて、味を調えて下さい。

美味しいポタージュを作るには、弱火でじっくり煮込むこと。火力が強いと対流が起きるので、余計なあくや出汁が濁る原因になるので、注意。あくとりも丁寧にしてください。

ポタージュを冷製にしたい場合は、作り方③で冷やしたのち、冷たい牛乳や生クリームを合わせて、味を調えてください。

ポタージュのブイヨンは、市販の顆粒コンソメなどを使用すると便利です。

  知識

ローリエを加える理由は、香り付けと臭み消し。もしあれば、加えると味に奥深さがでます。ちなみに、フランス語ではローリエ、英語ではベイリーフ、日本語では月桂樹と言われます。

牛乳と生クリームは、75mlずつ加えていますが、おすすめは、牛乳50ml、生クリーム100mlです。牛乳を多く加えるとカロリーは落ちますが、コクが少なくなります。逆に、生クリームを多く加えると、カロリーは上がりますが、コクが深くなるので、バランスはお好みで調整して下さい。

●バターで炒めるのは、牛乳、生クリームの原料は、牛の乳。バターも牛の乳。相性がいいのは、オリーブオイルやサラダ油ではなく、同じ原料のバターがおすすめです。

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理(洋食)へ
にほんブログ村
おうちごはんランキング

ご質問やお問い合わせ
お問い合わせページ



error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました